ホーム 世界に一つのブローチ

世界に一つのブローチ

この夏は雨が多く、畑は作物より雑草のほうが勢いがいいくらいです。その雑草を取っていたときのことです。帽子にはバッタが、シャツにはトンボがきて止まりました。しばらく作業の手を休め、小さな生き物たちとのふれあいを楽しみました。とても優雅で、心休まるひと時でした。こんなおばあちゃんに止まってくれて、楽しい思いをさせてくれてありがとう。汗だくで作業をする私への、自然からの大きなプレゼントでした。