ホーム わらび

わらび

毎年この時期になると、ひそかな楽しみがあります。それはワラビです。車で5分ほどの所にあるんですヨ。まだ暗いうちに起き出し、帽子、携帯ラジオ、電話、手袋、リュック、買物袋などを準備して、山をめざして出掛けます。着いたころには明るくなり、野焼きの後の原野にはたくさんのワラビが伸びだしています。ただ無心にワラビを採ります。時折鳥がさえずり、花の香りがしてとても気持ちがいいです。朝の空気を深く吸い込むと、細胞の隅々まですがすがしさが行渡るようです。30分あまりで袋が重くなります。そろそろ帰ろうかと眼下に目をやると、田んぼが広がっています。阿蘇に生まれ、住んでいてよかったと実感します。
 我家で使う分を残し、あとは乙姫の森の食材として使ってもらいます。これこそ地産地消、安心安全、超新鮮な食材にほかなりません。自分自身の健康のためにも、しばらく早朝ワラビ採りは私の大事な日課です。