ホーム おばぁちゃんの編み物教室

おばぁちゃんの編み物教室

この時期になると手編みがしたくなります。まったくの独学ですが、子どもたちや夫、義両親のものなどたくさん編みました。自分のも30年ぐらい前に編んだセーターを今も着ています。今は大きなものには挑戦できませんが、スヌードやベストなどをチョコチョコと。それを見ていた孫娘二人が教えてと言い出したので、さっそく編み物教室の始まりです。鎖編みを、まずは自分の身長と同じに、次はママ、そしてパパやジィジよりも長くと編ませました。二人ともけっこう熱中して取り組みました。ゲームやテレビと違った楽しみを感じているようです。まだまだどうなるかわかりませんが、自分が持っている知識や技術を受け継ぎたいという気持ちがうれしくて、張り切っているバァバです。