ホーム 赤牛 サイコー

赤牛 サイコー

私たちには10名の仲間でそれぞれの自宅に、原則夫婦で参加する集まりがあります。今回は古民家でのバーベキューというか、ケバブ料理でした。着いた時には庭先に置かれたコンロの上で、大きな阿蘇赤牛のモモ肉の塊が焼かれていました。友人はそれを大きなナイフで切り取り、表面に塩をすり込み、さらに網の上でちょっと焼いたあと、食べやすい大きさに切ってくれます。そのおいしいこと。脂肪分は少ないのですが、しっかりと肉の風味がして、柔らかくて、少々胃が悪いのも忘れていただきました。塩と胡椒だけのシンプルな味付けで、ほんとに肉本来の味を堪能しました。満月に火星においしい食べ物、大いに満足な一夜でした。